1. HOME
  2. Segway
  3. 代表的な導入実績
  4. ライジングサンセキュリティーサービス

ライジングサンセキュリティーサービス

導入時期 2008年7月1日~10日
使用場所 北海道洞爺湖サミット2008 国際メディアセンター外周
台数 3台
時間 期間中24時間警備体制

セグウェイに期待したこと

何よりもまずインパクトある警備・巡回の手段となることを期待しました。加えて会場外周の広大な敷地を計画的に警備・巡回できることや、サミットのテーマに合致した、環境配慮のPRを兼ねた情報を発信するために有効であることも重要なポイントでした。

期待したことと導入した結果

インパクト
警備の存在を顕在化させることが可能
期待以上にインパクトがあり、国内外問わず非常に多くのメディアに取り上げられた。
静音性
夜間の警備にも対応可能
昼夜を問わず運用することができるので非常に実用的である。
警備の疲労軽減
一定の速度で集中力を切らさずに巡回できる
人的な理由に関係なく計画的に警備・巡回することが可能となった。
環境配慮の体現化 ー サミットのテーマ性に合致
CO2を排出せずに動くセグウェイが運用されることで環境への配慮を明示できた。

結果

従来の「人による巡回での警備」ではパフォーマンスに個人差があり、疲労などからくる集中力の限界もありましたが、セグウェイを利用することで特にこの二点の質が飛躍的に向上し、一定に保たれることを実感することができました。

セグウェイ導入ストーリー

計画的な業務遂行により高い評価を得ています

北海道洞爺湖サミット2008の警備を担う会社

地球温暖化対策をメイン課題とした「北海道洞爺湖サミット2008」の警備を担う会社として、私たちも環境配慮の情報を発信したいと思いました。CO2を排出しないセグウェイはまさにサミットのテーマ性に合致しており、且つそのもの自体の話題性を期待して導入が決定されました。

実際にセグウェイを運用する中で非常に多くのメリットを実感することができました。多くの施設で行われている人による巡回ももちろん大切ですが、足で回る警備には限界があります。歩速が一定ではないし、坂道があれば疲労を感じるものです。人の巡回はスピードがゆっくりであるから丁寧に回っているわけではないのです。セグウェイを使うことで一定のスピードで疲労を感じることなく五感を研ぎ澄まして警備業務に集中でき、質の良い警備が可能となります。巡回の頻度が格段に向上したことや、ランダムに巡回することが可能になったことの意味は非常に大きいと実感しています。セグウェイが通った後には巡回の航跡が残ることや、導線を乱線に変えることにより「警備員がいつどこから来るかわからない」状況を作ることは犯罪者の心理に大きく働きます。これらはセグウェイだからこそできたことと自負しています。

実際に警備を行っている警備員自身も見られている意識を感じています。視線が高くなることで警備員自身の士気も高まるので本当に大きな意味があります。警備員の年齢、身体能力、素質に関係なく「特殊な警備設備を操縦している人」と見られることは大変大きなメリットです。警備・巡回は人が中心であるものですが、逆に見せることを売りにすることが良いケースもあると思います。

以上のようなセグウェイを使用することは私たちの提案力のプラスとなっており、事実、お客様からは非常に良い反応をいただいております。セグウェイを運用している実績を踏まえ、今後もさらに提案を重ねていきたいと思っています。警備・巡回の質を向上させることで、社会に貢献することを目指していきたいです。

  • 集中力を切らさずに警備可能
  • 高い視線からの視認性
  • 警備の存在を大きくアピール

株式会社ライジングサンセキュリティーサービス

陸と空と海の空間における広範囲のセキュリティサービスを目指している。2008年7月1日~10日、北海道洞爺湖サミット開催に伴い、国際メディアセンター施設全体の保安検査・巡回・車両保安点検の警備を行った。また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)種子島宇宙センターにおける保安警備にセグウェイを使用した。
その他にも国際オリンピック警備を始めとするイベント警備や官公庁や大学の常駐警備、空港施設警備、海上警備を行っている。

http://www.risingsun.co.jp/jp/index.html