1. HOME
  2. お知らせ
  3. 民間主体では日本初のセグウェイを使った規制緩和事例、 「セグウェイツアーin二子玉川」がスタートします!

民間主体では日本初のセグウェイを使った規制緩和事例、
「セグウェイツアーin二子玉川」がスタートします!

2016.04.05

~4月5日から試験運用開始、夏から一般の方向けのツアーを開始します。 ~

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会
東京急行電鉄株式会社
セグウェイジャパン株式会社

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会(以下、交通浄化協議会)、東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)、セグウェイジャパン株式会社(以下、セグウェイジャパン)は、東京都世田谷区二子玉川周辺地区において、公道、区立公園敷地、河川敷地を含むコースでの、交通マナー啓発を目的とした「セグウェイツアーin二子玉川」(以下、本ツアー)を実施します。本ツアーは、4月5日から試験運用によって安全性を実証の上、夏を目途に有料で一般の方向けに開始します。

東急電鉄、セグウェイジャパンの2社は、地域の交通安全マナー啓発を進める交通浄化協議会及び世田谷区の協力を得て、産業競争力強化法に基づく「企業実証特例制度」を活用した次世代モビリティの公道走行に関わる道路交通法の規制の特例措置をうけています。今般、道路使用許可等の条件が整ったため、民間が主体となって受けるセグウェイを使った規制緩和としては日本初となる本ツアーを開始します。

本ツアーは二子玉川駅周辺の公道のほか、区立二子玉川公園や多摩川河川敷をコースとし、インストラクターのもと、セグウェイ走行のための講習を受けた後、およそ1時間をかけて二子玉川の街を巡ります。周囲を見回し、コミュニケーションをとることに優れた乗り物であるというセグウェイの特徴を生かし、ツアー参加者には、「楽しい交通マナー」への意識を深めていただきます。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催も視野に入れ、本取り組みをはじめとする、新しいテクノロジーや規制緩和などの手法を活用した実例を構築・発信し、次世代に向けたまちづくり活動を進めていきます。

「セグウェイツアーin二子玉川」の様子

以上

本リリースに関するお問い合わせ先

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会 交通部会事務局 橘 e-mail:kotujoka@gmail.com

東京急行電鉄株式会社 社長室 広報部 報道担当 電話:03-3477-6086

セグウェイジャパン株式会社 広報 秋元・深澤 電話:045-263-6151

【参照】

1.ツアー詳細

(1)実施日程
2016年4月5日以降、週2回程度(1日3回程度)のツアーを実施します。

(2)ツアー形式
前後につくガイドインストラクターに従って、一列でゆっくりと走行します。
(1回の参加は最大8名、ガイドインストラクターを入れて最大10名で走行します。)

(3)ツアー参加資格 小型特殊自動車の運転が認められている運転免許証の保持者 (普通自動車免許、普通自動二輪免許など) ※未成年者は親権者の同意書が必要です。

(4)開始時におけるツアーコース 以下マップの赤線上、往復6km弱を約1時間かけて移動します。

(5)ツアーHP(2016年4月5日オープン)
【URL】 tamagawa-segway.info

2.企業実証特例制度とは

産業競争力強化法(平成25年法律第98号)に基づく「企業実証特例制度」は、企業単位で規制の特例措置を適用する制度です。

構造改革特別区域法に基づく規制の特例措置では、地方自治体が申請主体となる仕組みであるのに対し、企業実証特例制度は、民間企業等が申請主体となります。先行して技術開発・製品開発・サービス展開などを行う新事業活動に対して、規制の背景にある安全性などを確保する措置を確実に実施しながら、必要な規制緩和の内容を政府に要望します。その後、政府において、事業・規制所管両大臣による検討・協議を経て、特例措置の可否を判断する制度になっており、経済活性化につながる規制緩和制度として期待が高まっています。

【URL】 http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/shinjigyo-kaitakuseidosuishin/

3.セグウェイとは

セグウェイは、アクセルやブレーキ操作なしに重心移動によってその動きを制御することができるモビリティです。発進や停止をスムーズに行う運用に適し、小回りのきいた移動が可能となります。全世界でこれまで数万台の販売実績があり、警察や民間の警備会社、倉庫やコンベンションセンター、空港施設などでの業務利用や、セグウェイツアー、アミューズメントパーク、ゴルフ場において利用されています。1回の充電(電気代20円程度)で最大約39キロメートル走行可能とエネルギー効率が高く、省エネルギーな点についても評価されています。 ※100Vの家庭用コンセントから充電可能です。

Segway® PT i2 SE 基本モデル

全長及び幅:63cm × 63cm
タイヤ直径:48cm
総重量(アクセサリー除く):47.7kg
積載量(搭乗者含む):45kg – 118kg
走行距離(状況により変化):約24km - 39km
最高速度:約20km/h
(本ツアーに利用する走行モード設定は最高速度時速6km/h)
バッテリ:リチウムイオンバッテリ

4.二子玉川地区交通環境浄化推進協議会とは(http://tamagawa30.info/about/

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会とは、玉川町会(玉川1~4丁目全域)を中心として、昭和61年から駐輪場の整備に関する活動、放置自転車対策など交通環境に関する様々な取り組みを行っている団体です。 現在は、交通環境を良くするために月1回の「クリーンタウン作戦」や放置自転車対策を継続的に行っています。 交通安全対策の分野では、4年前に実施した二子玉川商店街のアンケート結果をきっかっけに、玉川オリジナルの交通安全についての調査活動や、ゾーン30を目指すためのPR活動、子どもたちへの教育活動など行っています。

また、2016年1月から、「セグウェイランチ」と称して、地域にお住まいの方々を中心に〝セグウェイを通じた新しい交通安全″を考える取り組みを始めました。「セグウェイランチ」の参加者は、新しい交通安全啓発プログラムとして「セグウェイツアーin二子玉川」の開始に先駆けて、セグウェイインストラクターの資格取得や体験試乗会の実施、セグウェイツアーの視察などを進めています。

「セグウェイランチ」の活動の様子

以上

【PDF版】 下記よりダウンロードください。
【プレスリリース】「セグウェイツアーin二子玉川」がスタートします!(PDF)